2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOGS気分にもなるってもんですよ

さて、今日は某ショップで1万円を切る破格で売られていたKSCのM11A1を紹介します。
M11A1は対テロ特殊部隊や暴徒鎮圧用にアメリカ、RPBインタストリーで開発されたサブマシンガンです。
一般的には”イングラム”の名前でひたしまれています。主に悪役がぶっ放すイメージで。

いやーー安かった。もともとソコまで高いモノじゃないですが、ほぼ売られていないので……


あ、


というか破格だけあってシステム7じゃなかったです(

ウォホン!

2001年に最初のモデルをリリースしたKSCは大小あわせて4度のマイナーチェンジを敢行しています。
ハコ
これはどうやら3度目のマイナーチェンジバージョンらしいです。つまり最終型のシステム7搭載の直前ですね。
それでも4,5年は前のものです。
ちなみにシステム7搭載型は左下にシールでシステム7と貼って使いまわししてるらしいです。セコイ

開帳するとこんなかんじ
中身ー
前のオーナーが几帳面にもビニルで全パーツを取っておいてくれています。
マガジンは最初から50連マガジンが付属。ちなみにマルゼンからも同機種が出ていますが向こうは20連で
オプションで50連マグ、しかも固定ホップアップってことで、僕は断然KSC派です。

さて、バージョンの違いを我が家にある2002年式のKSC M11A1で見てみましょう(おかしい


にちょけん
だって、あったんだもの。しょうがないでしょう(

見た目はほぼ、というか一部六角穴があるかどうかくらいで(しかもコッキングレバーをひかないとわからない)まったく違いがわかりません。

マイナーチェンジ前と後で違いがあるとすればここですね
ホップ調節
ホップ調節のダイヤルが2穴式が2度目のマイナーチェンジの物
ほっぷ2
ギア型のものが3度目のものとなります。ギアのものは専用のこれまたギア型のレンチでホップ調整をします。
多分2点式だとダメージが入りやすいからという理由だと思われます。

ちなみにシステム7の最新型かどうかはここ
ノズル
見難いですがノズルがメタル製ならそれ以前、黒いプラならシステム7です。これはメタルなのでそれ以前となります。
初速比較ですが
IMG_0279.jpg
2度目のものが81前後(古さ自体もあるので参考程度)
IMG_0286.jpg
3度目のものが84前後と若干あがっているようです。


なお、一番初期のモデルはマガジンをみればすぐわかります。
コイルが全部でており弾が確認できるものがマイナー後
コイル部分が隠れているものは前です。
ちなみに初期型マガジンは熱変換効率がものすごくわるいので
50連を打ち切れずにガス切れになります。注意。

またもう一点注意としてはシステム7のマガジンはほぼ見た目は一緒ですがシステム7以前のマガジンとは
互換性をもっておりません。
これもまたマイナーチェンジの多い機種の欠点かもしれません。マガジン選びには注意。
そもそももうこの型のマガジンはほぼでてこないので僕も手持ちの2本を大事につかわなければなりません……

おわりに
とはいえ、KSCのサブマシンガン部門で3年連続最優秀賞に輝いているM11A1。
秒速20連発は伊達じゃないです。アキンボで40連!ヒャッホオオオオ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hanssssss.blog.fc2.com/tb.php/8-672ee750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hans3808

Author:hans3808
山猫団のイメージガールコムムにゃんだにゃん
っていうかこれTRPGの絵の流用じゃね?だにゃん

管理人ツイッター
https://twitter.com/hans3808

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
メンバー近況 (16)
レビュー (4)
商品紹介 (5)
お知らせ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。